アフィリエイト・ブログで稼ぐ仕組み

アフィリエイトの種類と初心者でも稼げる手法を完全解説!

 

「アフィリエイト」と聞くとブログを作って、文章を書いて、商品を紹介して稼ぐ・・・というイメージがあるが、実をいうと、アフィリエイトはもっともっと奥が深い。

実際に、収益源や媒体によって、アフィリエイトの種類が変わり、その種類は大きく9つも存在します。

 

アフィリエイトに取り組むにしても、自分がどの手法に取り組んでいるのかしっかり理解して、戦略を立てることができるかどうかで稼げるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

最低限知っておくべきアフィリエイトの種類と仕組みを完全解説しますので、自分がどの手法に取り組むのか、どういうものなのか理解する上での参考にしてみてください。

 

アフィリエイトの9つの種類と仕組みを完全解説!

 

冒頭でも話した通り、アフィリエイトの種類というには、収益源や媒体、運営スタイルによって戦略が大きく異なります。

具体的には、アフィリエイトは以下の9つの種類に分けられる。

 

  • トレンドアフィリエイト
  • 特化型ブログアフィリエイト
  • サイトアフィリエイト
  • 情報商材アフィリエイト
  • オプトインアフィリエイト
  • 自己アフィリエイト
  • PPCアフィリエイト
  • SNSアフィリエイト
  • メルマガアフィリエイト

 

それぞれの手法にプラス面、マイナス面があり、どのような仕組みで収益が発生するのかを押さえておくことが、稼げるかどうかに関わってきます。

そして、これらの手法のうち、結局初心者におすすめなのはどのアフィリエイトなのでしょうか?

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトは名前の通り、「トレンド」を利用したアフィリエイトモデルであり、莫大なアクセスを集めて収益化を図る手法です。

このトレンドアフィリエイトが優れている点は、商品を売る必要がなく、Googleアドセンスという広告を記事内に貼り付けて、報酬を得る仕組みであるということ。

 

Googleアドセンスは広告をクリックされることで報酬が発生する仕組みであるため、アクセスさえ集めておけば、稼ぐことができるのです。

そのため、ブログのネタ、ジャンルはアクセスの期待できる芸能人や話題のニュース、花見や紅葉など季節の検索需要が期待できる旬のネタになります。

 

1クリックで得られる報酬が少ないものの、商品を売らなくてもいいという意味ではハードルの低い手法で、初心者にはこのトレンドアフィリエイトがおすすめと言えるでしょう。

ただし、報酬額は稼ぐことができても数十万レベルですので、月収数百万円を狙うならGoogleアドセンスからのステップアップが必要となります。

特化型ブログアフィリエイト

続いて、トレンドアフィリエイトよりも特定のジャンルに特化させた手法が特化型ブログアフィリエイトです。

特化型ブログアフィリエイトは例えば、育児特化、卒業式特化、クリスマス特化、ファッション特化、手作りグッズ特化、髪の毛のセット特化などのように、ある程度の需要が期待できるネタで記事を書いていき、アクセスを狙う手法になります。

 

収益源は主に、トレンドアフィリエイトと同じ、Googleアドセンスであるが、それに加えてAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトの商品を紹介して、収益のプラスを図ってもいい。

なお、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトの商品を紹介する場合は、モノを販売するため、物販アフィリエイトとも言われている。

 

特化型ブログアフィリエイトはトレンドアフィリエイトよりも爆発力は少ないものの、芸能人の著作権関連でペナルティを受けることもなく、資産としてずっと稼ぎ続けてくれることが大きな魅力。

ただし、爆発力が弱いため、大きな報酬を得るまでに半年〜1年は時間がかかると思っておきましょう。(どの手法もそうですが。)

サイトアフィリエイト

 

続いては、ジャンルを特化させたサイトを作成して、ASPで契約した案件を紹介して、その成果報酬を得るサイトアフィリエイトになります。

このサイトアフィリエイトこそが、多くの人がイメージしている「アフィリエイト」でしょう。

 

サイトアフィリエイトの場合は、Googleアドセンスと異なり、案件や商品の成約に応じて報酬がもらえる成果報酬制であるため、難易度が非常に高くなります。

ただし、Googleアドセンスに比べると1案件に対する報酬が非常に高いため、大きな報酬を期待できるのも、このサイトアフィリエイトです。

 

もちろん、トレンドを利用しないため、なかなかアクセスが集まらずに、最初の半年は我慢の時期となるでしょう。

しかし、それを乗り越えた先にはアクセスも集まり、商品も売れ、一度成約が出れば、自動で報酬が発生するようになるため、私はこのサイトアフィリエイトが個人的に大好きです。

 

ただし、超王道であるダイエットや健康、脱毛などのジャンルはライバルが強すぎて、アクセスすら集めることが難しいため、いかに穴場を見つけることができるか、がカギとなるでしょう。

穴場を見つける方法や、穴場を自分で作り出してごっそり稼ぎだす方法は、下記の記事を参考にしてみてください。

 

参考:アフィリエイトのジャンルの正しい選び方!賢く稼ぐなら穴場を狙え!

情報商材アフィリエイト

アフィリエイトと聞くと、サプリメントや健康食品、脱毛のサービス、クレジットカードといった案件のイメージがありますが、それだけではありません。

長いセールスレターで2〜4万円で売られている情報商材もアフィリエイトすることができます。

 

それも、情報商材アフィリエイトの場合は、値段が大きいため、1件あたりのアフィリエイト報酬が大きい(1件売れたら1、2万など)という特徴があります。

実際に、年収数千万、数億円といった額をアフィリエイトで稼ぎ出している人のほとんどは、この情報商材アフィリエイトに取り組んでいるでしょう。

 

情報商材はいくらでも複製が可能で、利益率も非常に大きいため、アフィリエイトでも大きく稼げてしまうのです。

ただし、そもそも情報商材というのは売りづらく、コピーライティングやファン化が必要であるということを理解しておきましょう。

オプトインアフィリエイト

オプトインアフィリエイトは無料オファーとも言われており、LP(ランディングページ)を紹介して、そこにメールアドレスを登録してもらうことで報酬を受け取ることができる仕組みです。

特に情報商材系でいかにも怪しいLPでメールアドレスの登録を促すアレがまさにオプトインアフィリエイト。

 

昔は1アドレス=500円程度が相場だったのですが、最近では、1アドレス2000円〜4000円とかなり高額になってきています。

それもアドレスの登録で報酬が発生するため、比較的ハードルが低いのも魅力の1つ。

 

しかし、無料オファーで報酬を得ることができても、本当の意味での稼ぐチカラ、ビジネススキルにはならないということは理解しておきましょう。

実際に、報酬単価が下がれば稼ぐことはできなくなりますし、私自身、この稼ぎ方が好きではないため、一切行っていません。

自己アフィリエイト

 

アフィリエイトの案件を自分自身で申し込んで、自分で報酬を受け取ることができます。

これを自己アフィリエイト(セルフバック)といい、ほぼノーリスクで、申し込むだけで数万円〜10万円程度の報酬を得ることが可能です。

 

案件としてはキャッシングやクレジットカード、FXの口座開設などがあり、たとえ使用しなくても報酬が発生するものがあるため、申し込んで報酬だけもらうのでもOK。

この自己アフィリエイトに申し込んでおいて、他のアフィリエイトを実践することで、無駄なく、効率よく稼ぐことができるでしょう。

 

ただし、いつまでも案件が残っているわけではないため、ずっとこの自己アフィリエイトで稼げるというものではありません。

自己アフィリエイトのようなボーナスも利用しつつ、自分のチカラで地道に資産も構築していくことがカギだと言えるでしょう。

PPCアフィリエイト

アフィリエイトはブログに記事を書き溜めていき・・・というものだけだと思うかもしれませんが、1枚のページで報酬を得ることもできます。

その手法をPPCアフィリエイトと言い、Google Adwardsなどの広告を利用してアクセスを集め、かける広告費以上の額を稼ぎ出して利益とする方法です。

 

簡単にいうと、アクセスを広告で購入するという手法で、相当なコピーライティングスキルを必要とします。

ひと昔前は、報酬単価の高い情報商材をPPC広告でアフィリエイトできていたのですが、規約が変わり、稼げるようになった人はだいぶ少なくなりました。

 

さらに後で回収できるとしても、最初は広告費を必要とするというのもネックとなり、初期費用がない方は参入できません。

個人的には、「こういう手法もあるんだな」、という程度に止めておき、PPCで回したい案件が出てきた時に取り組むくらいでちょうどいいと思っています。

SNSアフィリエイト

アフィリエイトはブログやサイトだけではなく、TwitterやFacebookをはじめとするSNSでも行うことができます。

紹介する案件に興味のあるフォロワーを集めて、そこに案件へのリンクを流し込んで成約を狙い、報酬を得る手法になります。

 

ただし、TwitterやFacebookではすでにこのSNSアフィリエイトが行われ尽くしており、ちょっとフォロワーが多い、程度では稼ぐことはできなくなっています。

実際、SNSアフィリエイトで利益をあげている人はFacebook広告やTwitter広告などの広告を使って、莫大なアクセスを流している人くらいというのが現状です。

 

また、ユーザーが自分の意思で検索をしてやってくるブログやサイトとは異なり、気分転換で見ているユーザーに商品を売るわけですから難易度が高いに決まっています。

個人的にはSNSをアフィリエイトの媒体として使うのではなく、アクセスや被リンクを集めるための手段としてブログにプラスで扱うべきだと思っています。

メルマガアフィリエイト

 

ブログ、サイト、SNS、アフィリエイトを行う上で様々な媒体が存在しますが、中でも強力なのが、このメルマガアフィリエイトです。

実際、年収数千万円、数億円といったトップアフィリエイターはこのメルマガで自分の商品や情報商材をアフィリエイトしているのがリアルなところ。

 

ブログやサイト、SNS、広告を駆使して、メールマガジンへ誘導して読者を集め、そのメルマガの発信で収益をあげていく仕組みになっています。

メルマガの利点は1通のメールを書いて、大勢の人に同時に配信できるため、非常にレバレッジが効くところや、こちらからメールを送るというプッシュ型のマーケティングというところでしょう。

 

今回取り上げたアフィリエイト手法の中では最も稼げる額が大きいものの、最も難易度が高いビジネスモデルです。

トレンドアフィリエイトや特化型ブログアフィリエイト、サイトアフィリエイトで実績を出した後に、ステップアップとしてこのメルマガアフィリエイトに挑戦するのが理想となります。

結局、初心者におすすめなのはどの手法か?

 

トレンドアフィリエイトから始まり、サイトアフィリエイト、メルマガアフィリエイトまで、あらゆる手法を取り上げましたが、気になるのはどの手法がいいのかということですよね。

特に初心者の方は、早くどのアフィリエイトに取り組むのかを決めて、実践したいと思っているのではないでしょうか?

 

では、結論から。

結局のところ、初心者におすすめの手法はトレンドアフィリエイト、もしくは特化型ブログアフィリエイトの2択です。

 

というのも、この2つの手法は収益源をGoogleアドセンス(+楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイト)をメインとしており、報酬が発生するまでのハードルが低いから。

アフィリエイトに取り組んで挫折する人のほとんどが、報酬が得られないためにモチベーションが下がって、やめてしまいます。

 

でも、Googleアドセンスであれば、少額ながらも確実に報酬が上がっているという実感を得ることが可能になります。

報酬が発生し、少しでも進んでいるという気持ちになれば、リアリティも湧き、さらに頑張ることができるもの。

 

そういう意味でも、比較的アクセスが集まりやすく、報酬が発生しやすいトレンドアフィリエイト、特化型ブログアフィリエイトがおすすめである。

ここで月に10万円以上を稼げるようになったら、さらに極めてメルマガアフィリエイトに進むか、サイトアフィリエイトに進み、収益源を増やしてもいい。

 

いずれにしても、初心者はまず稼ぐことが重要であり、一度稼ぐ経験を積むことができれば、他の手法でも結果を出す可能性は高まります。

初心者のうちは簡単なものから、そして、成果に応じて、ステップアップしていくのが王道中の王道なのです。

まとめ

 

アフィリエイトと一言でいっても、種類が多くあるため、それぞれの仕組みを理解した上で、手法を選んでいくとアフィリエイトの全体像が見えてくる。

大きく分けてアフィリエイトは9種類あり、初心者向けなのがトレンドアフィリエイト、特化型ブログアフィリエイト、中級者向けなのがサイトアフィリエイト、上級者向けがメルマガアフィリエイトである。

 

結局、初心者におすすめの手法は報酬発生のハードルが低い、トレンドアフィリエイトや特化型ブログアフィリエイト。

これらでまずは稼ぐ経験を積んでから、報酬が大きく難易度も高いサイトアフィリエイトやメルマガアフィリエイトに取り組むべし。

 

 

<クリックで応援お願いいたします!>


アフィリエイトランキング

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村