アフィリエイト・ブログで稼ぐ仕組み

アフィリエイトの自動化の仕組みとその作り方を完全解説!

 

アフィリエイトは勝手にお金が入ってくる仕組みを作ることができる「自動化」が大きな魅力の1つでもあります。

実際、私自身もほとんど何もせずに毎月100万円以上の収益を手にすることができていますので、この自動化の恩恵を存分に受け取っています。

 

そして、「アフィリエイトをした方がいい」と自信を持って言い切ることができます。

というのも、初期費用もほとんどかからず、ネット上に不動産を持つがごとく、不労所得を構築できるビジネスなんてアフィリエイト以外に存在しないから。

 

取り組むのにお金もかからない、失敗してもリスクはない、まさにノーリスク・ハイリターンの最強のビジネスである。

では、一体なぜアフィリエイトは自動化をすることができるのか、その仕組みや自動化をする上で必須のポイントはどんなものがあるのか、を完全解説していきます。

 

アフィリエイトの自動化のキモは「検索」にあり

 

なぜ、アフィリエイトは「自動化」をすることができるのか、そのキモは“検索”にあります。

人々は何かを知りたい、解決したいと思い、ネットで検索をして我々の作ったブログやサイトへとたどり着きます。

 

そして、それは昼夜を問わず、検索ユーザーが勝手に訪れてくれるもの。

ですので、検索で記事を上位表示をさせて、アクセスが検索で勝手に集まり、商品を成約させる導線までの仕組みを作ってしまえば、勝手に収益が上がる自動化を実現できるのです。

 

それも、人々は何かに悩んで検索をするため、その「悩み」と売りたい商品に関連性が大きければより商品も売れるということ。

例えば、「痩せたい 結婚式」といったワードであれば、緊急性も高いため、ダイエットに関連した商品が売れやすいというわけです。

 

検索によりお客さんの方から勝手にやってきてくれるため、興味のお客さんを集めて売ることができるというのがブログやサイトの強みでもあります。

ということでまとめますが、アフィリエイトで自動化をしようと思うのであれば、検索でアクセスを集めることができるようにすることがキモと言えるでしょう。

 

では、どうすれば検索でアクセスを集めることができるようになるのか、どうすれば効率よく商品を売り、収益を伸ばせるのか、そのためにも押さえておくべきポイントがいくつかあります。

アフィリエイトで自動化するために必須な4つのこと

検索からのアクセスを集めるキーワード選定

まず、そもそも検索でアクセスを集めるためには、人々がどんなキーワードで検索をするのかを掴んで、それを記事に反映させる必要があります。

それが、いわゆるキーワード選定で、アフィリエイトで稼ぐのであれば、決して避けては通れぬアクションです。

 

キーワード選定は、商品の成約に結びつくキーワードの中からいかに検索ボリュームがあり、ライバルの弱いキーワードを攻めることができるか、がポイント。

これらを見定めるためにgoodkeywordやサジェストキーワード、Googleキーワードプランナーを使用してキーワードを調べていきます。

 

具体的なキーワード選定のやり方に関しては、下記の記事で詳しく話していますので、参考にしてみてください。

 

参考:キーワード選定のコツを完全解説!アフィリエイトでライバルに勝つには?

ライバルの弱い穴場から効率よくアクセスを集めるライバルチェック

また、キーワード選定と合わせてやりたいのが、自分の攻略したいキーワードのライバルがどのくらい強いのか、を調べる「ライバルチェック」。

当たり前の話だが、ライバルが弱いキーワードであれば、攻略もしやすく、検索で上位表示でき、アクセスを効率よく集めることができる。

 

ライバルチェックの方法は、実際にキーワードで検索をして1ページ目に出てきたブログ・サイトを全て見ていく。

その中で、Yahoo知恵袋やアメブロなどの無料ブログがあれば、そのキーワードは弱く攻略しやすいということができるのだ。

 

一方で、企業が作成している大型の特化サイト(ハゲラボやバズ部など)はライバルが強くなってしまうため、キーワード攻略には時間と労力がかかると思っておいた方がいい。

このライバルチェックとキーワード選定が検索からアクセスを集める上での基礎となるが、もちろん、そんなに簡単ではない。

 

穴場を見つけていくのもいいが、ライバルが強いキーワードでも立ち向かう姿勢、大量に記事を生産していく中で、攻め手となるキーワードを見つけていく姿勢が何より重要だと私は思う。

「質は量から生まれる」という言葉の通り、まずはキーワード選定・ライバルチェック→記事の執筆を繰り返して経験値を積んでいきましょう。

検索順位をあげてアクセスを集めるためのSEO対策

 

ブログやサイトを立ち上げて最初の3ヶ月は最低でも毎日1記事更新することをおすすめしており、3ヶ月後にはGoogleさんもあなたのブログやサイトを評価してくれるようになる。

そして、ようやくここで他のブログやサイトと戦えるステージに立ったと言えるのだ。

 

ここからは新規記事の投稿と合わせて既存の記事の編集・補足を行って、少しでも検索順位をあげれるようにしよう。

検索順位が1位と5位では約5、6倍のアクセス差があるため、狙いたいキーワードであれば、とにかく1位を目指すことが重要になります。

 

そして、検索順位をあげるための施策がSEO(検索エンジン最適化)対策である。

内部リンク対策、外部リンク対策、記事の質をあげるなど数々のSEO対策を施すことによって、検索順位を上げ、アクセスをあげることができるのだ。

 

難しく感じるかもしれませんが、まずは記事を書くことが第一。

記事を100記事以上書いた後に、SEO対策のことを考えても全く遅くはありません。

 

実際に、私が初めてブログを作って月に50万円以上を稼げた時にはSEO対策のことを全く知らず、記事を量産していただけですから、まずは「量」が鉄則となります。

それにいきなり全てをマスターする必要はなく、1歩ずつできるようになればいいのです。

集めたアクセスを成約に結びつけるコピーライティング

検索によるアクセスが集まるようになった後にすべきことは、商品を成約することですよね。

商品を効率よく成約させ、収益を増やすためには、コピーライティングを学び、商品を成約する確率を上げていくことに努めていきましょう。

 

商品を紹介するクロージング記事を書き、そこに全ての記事から誘導し、アクセスを流していく。

その結果として、商品の成約を最大化でき、報酬も大きくなっていくのです。

 

「アフィリエイトで稼ぐためにはここまでしなければならないのか」と思うかもしれませんが、ビジネスなので当たり前です。

逆に、ノーリスクで努力さえすれば、不動産のごとく、自動収入を得ることができるため、やらない手はないでしょう。

 

アフィリエイトで稼ぐ上でのポイントとなるのはやはり、アクセスが集まるまでの3ヶ月。

ここを諦めることなく、記事を書き続け、アクセスが集まるようになれば、あとはそのテンションのまま突き抜けてしまえば、問題なく稼ぐことができるでしょう。

 

しんどいかもしれませんが、努力した先にはとてつもなく大きなリターンが待っていますので、諦めることなく頑張っていきましょう。

まとめ

 

アフィリエイトは初期費用もほとんどかからず、収益が自動で上がる仕組みを作ることができるノーリスク・ハイリターンのビジネス。

アフィリエイトの自動化の仕組みのキモは検索にあり、検索でのアクセスをいかに集めれるかがポイント。

 

そのためには、キーワード選定、ライバルチェック、SEO対策が必須で、商品をより成約するためにはコピーライティングのスキルも欠かせない。

ここまですべきことがあると大変かもしれないが、それでもやる価値は十分にあると言える。

 

 

<クリックで応援お願いいたします!>


アフィリエイトランキング

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村