アフィリエイト・ブログで稼ぐ仕組み

ブログで収入を得ることができる仕組みを超わかりやすく解説します

 

ブログで収入を得ることができる、とはいってもどんな仕組みでお金を稼ぐことができるのか、不思議に思っている方も多いかもしれません。

ブログといえば、簡単に作ることができますが、結局のところ、お金を稼ぐわけですから紛れもなく「ビジネス」です。

 

ブログで収益をあげる仕組み・方法は「広告媒体」の役割か、「歩合制の営業マン」か、「自分のビジネス」としてのブログというように3つに分けることができる。

ブログで稼ぐといってもやり方はいろいろあるので、実際に読んでみて興味があるものに取り組んでみるといいでしょう。

 

広告媒体としてのブログで稼ぐ:Googleアドセンス

 

ブログを広告の役割を担う媒体に成長させることで、収入を得ることができます。

この仕組みをGoogleアドセンスといい、Googleと提携して広告をブログの記事内に貼り付けて、それがクリックされることで報酬が発生します。

 

「広告媒体」としての役割を担うため、いかに広告を多くの人に見てもらえるかどうかがポイントであり、多くのアクセスを集めることがそのまま収益に直結してくる仕組みです。

そのため、Googleアドセンスで稼ぐためには、莫大なアクセスが集まるジャンルでブログを構築するのが一般的な戦略と言えます。

 

具体的には、芸能人のネタ、話題になっているトレンドニュース、季節ごとに検索需要が期待できるジャンル、年中のアクセスが期待できる冠婚葬祭やファッションなどです。

Googleアドセンスですべきことは記事内に広告を貼って、あとはアクセスを集めるだけですので、仕組みは非常にシンプルで初心者におすすめと言えるでしょう。

 

ブログで稼ぐと言えば、多くの人がアフィリエイトをイメージしがちですが、このGoogleアドセンスの方が難易度が低く稼ぎやすいのです。

ただし、クリック報酬は報酬単価が低くなるため、自然と稼げる額は少なくなってしまいます。

 

しかし、それでも月に10万円や20万円は十分可能。

挫折することなく、まずは10万円を稼ぎたいのであれば、このGoogleアドセンスから始めてみてください。

歩合制の営業マンとしてのブログ:アフィリエイト

 

続いては、ブログで収入を得る方法として有名かつ人気を誇るアフィリエイトです。

このアフィリエイトはいってしまえば、歩合制の営業マンであり、紹介するモノが売れれば報酬が手に入り、売れなければ報酬は入ってきません。

 

アフィリエイトでは、まずA.8netやアフィリエイトBといったASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と提携し、そこで紹介する商品を決めます。

その商品をブログ内で紹介して、それが売れれば報酬が手に入る、まさに成果報酬です。

 

Googleアドセンスとの決定的な違いは商品を売らなければならないということ。

つまり、ただアクセスを集めればいいだけではなく、商品に直結するキーワードで、商品を購入してくれる人からのアクセスを集める必要があるのです。

 

そのため、トレンド系のジャンルではなく、悩みに特化したキーワード・ジャンルでブログを作っていくことになります。

ダイエット商材であれば、ダイエットブログ、脱毛であれば、脱毛に関連したブログといった感じですね。

 

ジャンルを決める上で、個人的におすすめなのは興味のあるジャンル、好きなジャンルに取り組むことです。

興味や好きであれば調べ物も苦ではないし、スラスラと記事もかけてしまうものですから、興味ジャンルから商品がないか探してみるといいでしょう。

 

もしくは、ライバルの弱い穴場ジャンルで攻めることですね。

アフィリエイトは報酬が高いため、月に100万円〜200万円でも稼げてしまうがゆえに、ライバルも強敵です。

 

ライバルが強いところで攻めても上位表示は至難の技で稼げずに終わってしまう、であれば、ライバルが弱い穴場で効率よく稼いだ方がはるかに賢明でしょう。

実際に、穴場のジャンルを狙う方法は下記の記事を参考にしてみてください。

 

参考:アフィリエイトのジャンルの正しい選び方!賢く稼ぐなら穴場を狙え!

 

アフィリエイトは先ほども話した通り、大きく稼げるのが魅力である一方、難易度が高いのが欠点。

初心者がこれからブログで収入を得ようと思うのであれば、まずは、Googleアドセンスから始めて、月に5万、10万円を稼げるようになったらアフィリエイトに移行してみてください。

自分のビジネスの一役を担うブログ:リストマーケティング

 

自分自身でビジネスをしている場合、もしくはしようと思っている場合、ブログも収入を得る一役を担うことができます。

具体的に言えば、ブログでアクセスを集め、そこからセミナーやメールマガジンに誘導するといった方法。

 

特にインターネットビジネスで稼ぐなら、メルマガ読者を「資産」にすることができるメールマガジンに誘導するリストマーケティングがおすすめです。

起業セミナーやコーチング、ダイエットを教える、勉強を教える、恋愛を教える、スポーツを教える、などなんでも応用することができるのがブログになのです。

 

自分自身で商品を作り、ブログでアクセスを集め、メールマガジンに誘導してメルマガで販売する。

もしくはメルマガでセミナーへ誘導し、セミナーを通じて、個人コンサルティングを売ることで収益を上げる。

 

このように、ブログは自分の商品に興味がある人を集めることができる効果的な手段となるのです。

それも無料で集客することができるため、個人がリスクを取らずに取り組むことができる最高のビジネスと言えるでしょう。

 

なお、このリストマーケティングは商品を自分で作り、集客し、セールスをしなければならないため、最も難易度が高いです。

アフィリエイトは商品は存在するため、集客をしてセールスをする必要があります。

 

一方で、Googleアドセンスは商品もなく、セールスもする必要がなく、集客(アクセス)さえできてしまえばいいということ。

このように、それぞれの仕組みにおいて何が必要なのか、何をすべきなのかが明確になるとわかりやすいかと思います。

 

ただし、どのスタイルで稼ぐとしても、アクセスが集まり出すには時間がかかることを覚えておいてください。

ブログのアクセスに関しては下記の記事でも触れていますので、読んでみてください。

 

参考:アフィリエイトで稼げるかどうかは最初の3ヶ月で決まる!?

まとめ

 

ブログで収入を得る仕組みは、広告媒体としてのGoogleアドセンス、歩合制営業マンとしてのアフィリエイト、自分自身のビジネスの一役と大きく3つに分けられる。

Googleアドセンスは集客、アフィリエイトは集客とセールス、自分自身のビジネスは商品制作、集客、セールスが必要であり、すべきことが多いほど、難易度は高くなる。

 

そのため、初心者の方は仕組みがシンプルなGoogleアドセンスから取り組むことをおすすめする。

Googleアドセンスも最初はアクセスが集まるまで時間がかかるため、毎日継続して記事を書き続けることがキモ。

 

 

<クリックで応援お願いいたします!>


アフィリエイトランキング

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村