WordPress

Google Search Console(サーチコンソール)とは?サイトマップの作成・登録方法!

 

冒頭から本質的なお話になりますが、アフィリエイトで稼ぐにしても、Googleアドセンスで稼ぐにしても、いかに検索順位を上げて狙ったキーワードでアクセスを集めることができるかがキモとなります。

そこで絶対に導入しておかなければならないのが、「Google Search Console(サーチコンソール)」。

 

とはいえ、サーチコンソールとはどんなツールなのか、ブログやサイト運営において、どんな役割を果たすのかを理解していない方は少なくありません。

サーチコンソールを正しく使えば、効率よく検索順位を上げ、アクセスを集めて、結果としてお金を稼ぐことが可能。

 

そのため、今回はGoogle Search Console(サーチコンソール)とはどんなツールなのか、導入すべきメリットは何なのか、サイトマップの作成・登録方法をわかりやすく解説していきます。

まだサーチコンソールを導入していない、という方はこの記事を参考に、すぐに導入しておきましょう。

 

Google Search Console(サーチコンソール)とは?

 

Google Search Console(サーチコンソール)とはGoogleの検索結果でのブログ・サイトパフォーマンスを監視、管理できるGoogleの無料サービスになります。

具体的には以下の情報を把握することが可能。

 

  • 記事ごとのクリック数
  • 検索クエリ(検索キーワード)
  • ページのクリック率(CTR)や検索順位

 

簡単にいうとい、どんなキーワードでブログやサイトにアクセスが集まっているのか、その検索キーワードの検索順位はどのくらいなのか、を可視化することができるというツールです。

SEO対策や補足・修正する記事を決める上で必要不可欠で、私も毎日のように眺めているのがこのサーチコンソールになります。

Google Search Console(サーチコンソール)を導入すべき3つの理由!

Google Search Console(サーチコンソール)はブログ、サイトの状況を管理・把握することができるツールとお話しましたが、メリットはそれだけではありません。

特に、ブログやサイトを運営する初期段階では、このサーチコンソールが必要である3つの理由が存在します。

Googleにサイトマップを送信できる

 

サーチコンソールの役割の1つにサイトマップを作成・登録し、Googleに送信することができる機能があります。

サイトマップの送信とは、いわゆる、Googleに記事の更新などの情報を伝えること。

 

新しく記事を追加した時や内部リンクを修正した時、サイトの構造を大きく変えた時などに、サイトマップを送信することで、Googleにすぐに反映してもらうことができるようになります。

WEB上の反映にサイトマップの送信は必須ではありませんが、インデックスの遅い初期段階ではサイトマップの送信がかなり有効です。

クエリと検索順位から運営方針を決めることが可能

 

先ほども話したように、サーチコンソールは検索クエリ(流入キーワード)や検索順位を把握することができます。

ブログやサイトを補足・修正、SEO対策を施す際に、検索クエリや検索順位を把握しておくことは必要不可欠。

 

2ページ目や3ページ目など比較的上位に位置しているキーワードの記事を修正することで非常に効率よく検索順位を上げ、アクセスを集めることができるわけです。

別の記事で詳しくお話しますが、「検索順位が低い」わりに「表示回数が多い」というキーワードを重点的に補足していくのが好ましいでしょう。

Googleに記事のインデックスを促すことができる

 

サーチコンソールには「Feach as Google」という機能があり、新しく投稿した記事のインデックスを促すことができます。

インデックスを促すということは、Googleの検索結果になるべく早く反映してもらうということ。

 

ブログやサイトの構築初期はインデックスが遅く、検索結果になかなか反映されないため、この機能を使うことで、成長を早めることが可能になります。

サイトマップがブログやサイト全体とするなら、このFeach as Googleは記事ごとのインデックス、というイメージですね。

Google Search Console(サーチコンソール)のサイトマップの作成・登録方法!

Google Search Console(サーチコンソール)を導入すべきメリットが理解できたかと思いますので、導入方法をご紹介していきます。

サーチコンソールはサイトマップを作成・登録することで、簡単に導入できますので、サッと登録を済ませてしまいましょう。

 

「Google Search Console」と検索すると、公式ページが出ていますので、Googleアカウントでログインをします。

初めてサーチコンソールに登録する方は下記の画面になり、すでに導入されている方はサーチコンソールのトップから「プロパティを追加」を押して、新たに登録していきましょう。

 

 

サイトURLをサーチコンソールに登録すると、トップに「サイトマップ」というメニューがありますので、サイトマップをクリックしてください。

 

 

サーチコンソールを導入するためには、サイトマップを作成・登録する必要があり、次の画面の「サイトマップの追加」へと進みます。

 

 

サイトマップの追加では、「sitemap.xml」という文字を入力して、「送信」をクリックすることで作成・登録をすることができます。

 

 

サイトマップを追加すると、下記のように、サイトマップが追加された表示になっていることを確認してください。

また、Googleにブログの存在を知ってもらうために、下記のように、サイトマップを送信しましょう。

 

 

すると、下記の画面に移りますので、「再送信」を押して、Googleにサイトマップを送信すれば、完了になります。

 

 

以上がサーチコンソールの導入方法、サイトマップの作成・登録です。

これから記事を投稿していくと、記事がインデックスされていき、検索クエリ、クリック数などが表示されるようになります。

 

サーチコンソールで得られる情報を利用して、ブログ、サイトを効率よく運営していきましょう。

まとめ

アフィリエイトやGoogleアドセンスなどブログやサイトで稼ぐためには、検索順位を上げて、いかにアクセスを集めることができるかどうかがカギ。

そのためには、Google Search Console(サーチコンソール)で検索クエリ、検索順位、クリック数、表示回数などを把握することが重要。

 

サーチコンソールはブログの状況を確認できる以外にも、サイトマップの送信や記事のインデックスを促すなど役立つ機能が多く存在する。

導入も簡単にできるため、サッとサイトマップを作成して登録しておきましょう。

 

<クリックで応援お願いいたします!>


アフィリエイトランキング

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村