WordPress

Google Search Console(サーチコンソール)の使い方!アナリティクスとの違いは?

 

アフィリエイトやGoogleアドセンスなどブログやサイトを使って稼ぐために、Google Search Console(サーチコンソール)はなくてはならないツールと言えます。

ただ、サーチコンソールの具体的な使い方やアナリティクスとの違いを理解できているでしょうか?

 

どれだけいいツールを導入していたとしても、それを使いこなすことができなければ、それは宝の持ち腐れ。

今回はGoogle Search Console(サーチコンソール)とGoogleアナリティクスの違いと正しい使い方をお話して生きますので、これからのブログ運営に役立ててみてください。

 

Search Console(サーチコンソール)とアナリティクスの違いは?

 

Google Search Console(サーチコンソール)とGoogleアナリティクスの違いは明白で、以下の通り。

 

  • Googleアナリティクス:ユーザー数、PV、流入源、平均滞在時間、直帰率の把握が可能
  • Googleサーチコンソール:検索クエリ、検索順位の把握、サイトマップの送信が可能

 

GoogleアナリティクスはPV(ページビュー)の解析などができるため、導入している人が多いでしょう。

一方で、サーチコンソールは検索クエリ(流入キーワード)や検索順位の把握をすることができます。

 

検索を主な流入源とするブログやサイトにおいて、検索クエリや検索順位の把握は必要不可欠。

検索クエリや検索順位を把握することで、自分のブログやサイトはどんなキーワードが強いのか、どの記事を補足・修正すれば効率よくアクセスを集めていくのかを決めていくことが可能になります。

 

つまり、サーチコンソールはブログの状況を把握することができ、それを踏まえてブログの運営方針を決める指針となるツールということですね。

また、Googleにブログの更新やインデックスを促すことができ、ネット上にすぐに記事を反映させることができるというメリットがあります。

 

サーチコンソールをまだ導入していない方は下記の記事を参考に登録してみてください。

参考:Google Search Console(サーチコンソール)とは?サイトマップの作成・登録方法!

Google Search Console(サーチコンソール)の使い方!

 

それでは、実際にGoogle Search Console(サーチコンソール)の使い方をお話していきますが、主に以下の2つ行うことになります。

 

  • 検索クエリや検索順位からブログの運営方針を決める
  • 記事更新後にインデックスを促す

 

私自身も常にサーチコンソールを眺めて運営方針を決定しており、戦略を練ってブログを運営していくことで、効率よくアクセスと収益を伸ばしていくことができるのです。

検索クエリと検索順位、表示回数などを把握して方針を立てる

サーチコンソールの最も優れた機能はブログの検索クエリや表示回数、検索順位、クリック率を把握することができる点。

例えば、私が運営している1つのサイトでは下記のようなデータを取ることができます。

 

 

ここで自分のブログはどんなキーワードから流入があるのか、どんなキーワードで上位表示をさせているのか、どれだけ効率よくアクセスを集められているのか、がわかります。

このデータを参考に検索順位1位を取りにいくことを目指してください。

 

検索順位ごとのクリック率のデータでは1位が「30%前後」、2位 で「10%前後」、3位で「8%」、4位で「5%」、5位が「3%前後」となっています。

そう、このデータからわかると思うのですが、1ページ目に表示されていたとしても、5位と1位では10倍以上のアクセス差があることになります。

 

つまり、単純な話、検索順位で1位をとらなければ莫大なアクセスは期待できないということ。

だからこそ、ブログやサイトを運営するのであれば、一度書いた記事を補足・修正して1位を目指していきましょう。

 

具体的に、どのような記事を補足・修正すればいいのかというと、検索順位が低い割に、表示回数が多いものです。

これは、検索順位が低いのに検索結果として反映されているということであり、大きな検索需要が期待できるということ。(検索順位をあげれば、アクセスが上がる。)

 

また、上位表示されているのにもかかわらず、クリック率(CTR)が低いというケースはタイトルが悪いため、タイトルを変更するだけでアクセスが集まるようになります。

検索順位が2位〜20位のものは検索順位が少しでも上がれば、アクセスも上がっていきますので、優先して補足・修正していくといいでしょう。

記事を更新したら「Feach as Google」でインデックスをリクエスト

Google Search Console(サーチコンソール)はブログのクエリ、検索順位などのデータを把握できるだけでなく、Googleさんに記事を更新したことを伝える機能もあります。

それが、「Feach as Google」で、記事のインデックスをGoogleにお願いすることができるのです。

 

Feach as Googleをすれば記事更新直後でもすぐにWEB上に反映されますので、記事を更新したら必ず、インデックスを促すようにしましょう。

なお、Feach as Googleのやり方ですが、下記の通り、サーチコンソールのサイドメニュー、「クロール」から進んでください。

 

 

Feach as Googleをクリックすると、下記の画面に遷移しますので、下記の通り、記事のURLを入力してインデックスを促してください。

 

 

ブログを開設した初期の段階では、ブログに信用がありませんので、記事がなかなかWEB上に反映されません。

そのため、初期段階ではこのFeach as Googleは必要不可欠なのです。

 

ブログを運営し始めた時はこのツールの重要性を感じる機会は少ないかもしれませんが、100記事、200記事と記事が溜まってきたら、このツールがブログ運営におけるコンパスとなります。

もしまだ100記事、200記事を書いていないのであれば、とにかくキーワード選定、ライバルチェックをして記事を書いていきましょう。

まとめ

 

GoogleアナリティクスはPVや流入源、記事ごとのページビューを調べることができ、サーチコンソールは検索クエリ、検索順位、クリック率などを知ることが可能。

サーチコンソールでブログの検索クエリや順位を把握して運営方針を決めていくことがブログ運営のキモ。

 

検索順位が低いのに表示回数が多い、クリック数が多いキーワードは上位表示させると莫大なアクセスが集まるため狙い目。

また、記事を更新するたびに、Feach as GoogleでインデックスをGoogleに促そう。

 

 

<クリックで応援お願いいたします!>


アフィリエイトランキング

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村